ロストワックス・精密鋳造による製造分野、開発技術の紹介 三英工業

開発技術力

三英工業が手掛ける「人の安全にかかわる装置・設備」

発電・航空産業分野

  • ガスタービンエンジン
  • 宇宙・航空機・筐体分野、半導体関連
  • 発電用タービンブレード
  • 航空機エンジンタービンブレード
  • 関連する「WAX歪取り治具」
    「WAXCMM治具」「鋳物CMM治具」「機械加工治具」等
  • 原子力部品「タイプレート」
  • 航空、宇宙、防衛関連筺体
  • 通信機器

汎用機械部品分野

  • 各種専用機械部品
  • 輸送・搬送・駆動装置部品
  • 熱処理治具、バルブ、工具等
  • 自動車「熱処理治具」「工具」
  • 産業機械の部品や工具
  • 油圧機器
  • ロボット部品
  • バルブ関連「付加価値精密品」
  • 工業用ミシン
  • 印刷機械

その他分野

  • 半導体関連、バルブ、工具、
    介護機器、医療器
  • 人工骨、住宅
  • 食品
  • スポーツ 等
  • 医療関連(人工骨)
  • 食品関連機器「撹拌機」「ミル歯」
  • 住宅関連
  • 電機製品
  • スポーツ関連「ゴルフ」
  • 介護器機

何と言っても、あらゆる分野に関わり積み重ねてきた「精密鋳造用金型の設計・製作」の経験と実績が、当社の特筆すべき特長です。
当社で手掛けているのは、「人の生活と安全にかかわる装置・設備」ばかりです。
だからこそ、「最良の製品が生み出せる、最良の金型のご提供」が最重要テーマと認識しています。

精密鋳造用金型に特化し、これらのノウハウを保有する企業は富山県だけでなく、全国でも希少です。
顧客先にてWAX成型され、手でバラシ、組立される金型は、作業効率による作業性が最優先とされます。
その点でも、他社にはない独自のアイデア・技術を組み込んだ金型設計及び加工ノウハウを有している自負があります。

▶具体的な提案内容は、設計提案力をご覧下さい。

高精度金型づくり

複雑な3次元精密鋳造用金型が得意です!

3次元CADを活用し、

  • ・部品点数の削減
  • ・作業効率改善
  • ・アンダーカット部のコア寄せ抜きの設計手法・製造技術

を得意としており、複雑化する精密鋳造品の実現を可能としています。

  • ▶加工サイズ:10×10mm~1500×700mm
  • ▶厚み:5~600mm
  • ▶得意材質:アルミ(A5052、A2017、A7075)
3次元の鋳造金型

半年毎に「供給者実績評価」の通知を受けており、常に100点という最高評価を頂いています。

三英工業のロストワックス技術

■航空機のタービンブレード

タービンブレードの鋳造(CAD画面)

金型の開きと同時にWAXが取り出せます。
要求される公差は±0.01と、非常に大変なテーマです。

■原子力発電向けタイプレート

原子力部品・タイプレートの鋳造(CAD画面)

成型後のWAX取り出しに、すり傷は不可です。
いかに無傷で取り出せるかが肝となる、難しい製品です。

PAGE TOP

精密鋳造(ロストワックス)用金型設計・製作

TEL:0766-31-4626
FAX:0766-31-4640
富山県高岡市福岡町赤丸1014番地の7

ISO9001 | JQA-AS0048

エミダスプロ登録企業

メールでのお問い合わせ

Copyright © SANEIKOGYO All rights reserved.